2008年発表文献

  • Masao Takaku, Akiko Aizawa, Yasumasa Baba: “Name Disambiguation of Japanese Researchers: A Case Study with Statistics Research Community”, Proc. of Joint Meeting of 4th World Conference of the IASC and 6th Conference of the Asian Regional Section of the IASC on Computational Statistics & Data Analysis (IASC2008), p.1509-1513 (2008). [link]
  • Keita Kinjo, Akiko Aizawa: “Change detection in structured data using Inductive Logic Programming”, Proc. of Joint Meeting of 4th World Conference of the IASC and 6th Conference of the Asian Regional Section of the IASCon Computational Statistics & Data Analysis (IASC2008), pp.880-887 (2008).
  • 蔵川圭, 武田英明, 高久雅生, 相澤彰子: “KAKENβと研究者リゾルバーαの情報構造: KAKENβ1.12と研究者リゾルバーα1.12” , 第5回情報プロフェッショナルシンポジウム (INFOPRO 2008); pp.69-74 (2008). [link]
  • 相澤彰子, 高須淳宏, 深川大路, 高久雅生, 安達淳: “アカデミックリンケージ : 膨大な学術情報へのアクセスを支援するリンケージ基盤” 情報処理学会学会誌, Vol.49, No.8, 57-60 (2008). [link]
  • 金城敬太, 相澤彰子, 古川康一 “帰納論理を用いたネットワークデータからの知識獲得” 、人工知能学会第22回全国大会, 2C1-03 (2008). [link]
  • 後藤淳, 八木伸行, 相澤彰子, 関根聡: “照応解析を利用した放送番組からの登場人物の相関図生成,” 人工知能学会第22回全国大会, 2G2-04 (2008). [link]
  • Van B. Dang and Akiko Aizawa: ”Multi-class named entity recognition via bootstrapping with dependency tree-based patterns,” the 12nd Pacific-Asia Conference on Knowledge Discovery and Data Mining (PAKDD 2008), pp. 76-87 (2008). [link]
  • Emmanuel Prochasson, Kyo Kageura, Emmanuel Morin, Akiko Aizawa: “Looking for Transliterations in a trilingual English, French and Japanese Specialised Comparable Corpus,” LREC 2008 Workshop on Comparable Corpora, poster (2008). [link]
  • 相澤 彰子、高久 雅生、大山 敬三「大規模データベースを利用したリンケージシステムの提案と実装」, DBSJ Letters, Vol.6, No.4 , pp.17-20 (2008)
  • 相澤彰子「大規模テキストコーパスを用いた語の類似度計算に関する考察 」情報処理学会論文誌, 49-3, pp. 1426-1436 (2008)
  • 金城敬太,相澤彰子:「多重ネットワークの調査とシミュレーション」人工知能学会第81回 知識ベースシステム研究会 (SIG-KBS), Vol.81, pp.23-29 (2008). (2008.3)
  • 辻下卓見,安達 淳,相澤彰子,高須淳宏:「情報爆発時代のための制約付クラスタリングを用いた適合性フィードバック手法の提案」情報処理学会第70回全国大会予稿集(2008/3)
  • 後藤淳, 松井淳, 八木伸行, 相澤彰子, 関根聡「マルチモーダル情報を用いた放送番組からの人物相関図生成」電子情報通信学会全国大会 (2008)
  • 長谷川新、相澤彰子、浜本隆之「検索用キーフレーズの解析及び抽出に関する検討」,情報処理学会第70回全国大会予稿集(2008/3)
  • 金城敬太,古川康一,相澤彰子 「帰納論理プログラミングによる定性ネットワーク分析」 2007年度新領域融合プロジェクトによる研究会 「大規模データ・リンケージ,データマイニングと統計手法」予稿集 (2008).
  • 高久雅生, 相澤彰子, 大山敬三, 馬場康維 「統計分野における研究者の氏名同定と応用」 2007年度新領域融合プロジェクトによる研究会 「大規模データ・リンケージ,データマイニングと統計手法」予稿集 (2008).