2010年発表文献

  • 相澤彰子: “情報検索における圧縮距離の適用に関する方法”, 情報処理学会第199回自然言語処理研究会, 199NL-8 (2010.11)
  • 乾伸雄, 池上敦子: “ナーススケジューリング問題における混合整数線形計画問題と充足可能性判定問題による厳密解法の比較.” オペレーションズ・リサーチ 55(11), 707-712, (2010.11). [link]
  • 乾伸雄, 品野勇次, 深川容三, 高倉伸: “走査型半導体露光装置における移動準最適化.” 日本機械学会論文集, 76, 770, 2578-2583, (2010,10) [link]
  • 松林優一郎, 宮尾祐介, 相澤彰子: “日本語動詞概念構造コーパスの設計.” NLP若手の会 第5回シンポジウム (2010.9) poster (奨励賞) [link]
  • 横井啓介, Minh NGHIEM, 松林優一郎, 相澤彰子: “次世代数式検索へ向けた数式周辺情報の文脈的分析”, NLP若手の会第5回シンポジウム (2010.9)poster
  • 横井啓介, Minh NGHIEM, 松林優一郎, 相澤彰子: “数式とその周辺情報を利用した数式概念検索の実現”, 情報科学技術フォーラム(FIT2010), D-011 (2010.9). [link]
  • Minh Nghiem Quoc, Keisuke Yokoi and Akiko Aizawa: ”Mining coreference relations between formulas and texts using Wikipedia,” The Second International Workshop on NLP Challenges in the Information Explosion Era (NLPIX 2010) (2010.8) [link]
  • 金城敬太, 相澤彰子, 市瀬龍太郎, 小暮厚之: “稀な事象同士の関連性指標~異常値間の関連性抽出のための時系列データマイニング”, 2010年度人工知能学会全国大会(第24回)(2010.6). [link]
  • 亀田尭宙, 後藤孝行, 大向一輝, 武田英明, 相澤彰子: “写真への多種でリッチなメタデータの付与とその活用システム”, 2010年度人工知能学会全国大会(第24回)(2010.6). [link]
  • 金城敬太, 相澤彰子, 小林哲郎:”商品および商品についての情報源に対する信頼の統計的ネットワークモデル”, 経営行動科学, 第23巻, 第1号 (2010.6) [link]
  • Takafumi Suzuki, Shuntaro Kawamura, Fuyuki Yoshikane, Kyo Kageura, Akiko Aizawa: “Co-occurrence-based indicators for investigating authors’ styles,”10th Int’l Conf on Statistical Analysis of Textual Data (JADT 2010) (June 2010). [link]
  • Takafumi Suzuki, Shuntaro Kawamura, Akiko Aizawa: “Exploratory analysis of stylistic characteristics in Japanese Q&A communities,” 10th Int’l Conf. on Statistical Analysis of Textual Data JADT 2010 (June 2010). [link]
  • Kei Kurakawa, Masao Takaku, Akiko Aizawa, Hideaki Takeda: “Researcher Name Resolver: A framework for researcher identification in Japan,” Open Repositories 2010. [link]
  • 金城 敬太, 相澤 彰子, 尾崎 知伸: “調査データに基づく社会構造変化の抽出”, 人工知能学会論文誌, Vol. 25, No. 3, pp.452-463 (2010.4) [link]