文書執筆を支援する言語インタフェース技術

ユーザが読み書きするテキストの任意の箇所に、意味的に類似する他のテキストを対応づけて用例として推薦するための意味インデクシング法の研究を進めます。また、言い換えや誤り訂正、文生成のためのテンプレート抽出などの課題にも取り組み、情報学分野を適用対象として、非母語話者の英語論文執筆を支援する実用的なアプリケーションの開発を目指します。


定型表現の機能に着目した英語論文の執筆支援システムの構築

Using Formulaic Expressions in Writing Assistance Systems

Using Formulaic Expressions in Writing Assistance Systems

英語論文の執筆においては,定型表現の利用が効率的であることがこれまで知られてきましたが,実際に定型表現を利用するには大きな負担がかかっています。公開されている定型表現集の多くは紙媒体であり,また電子化されているものであっても,効率よく検索する計算機システムがないため,論文執筆の際に都度参照するには時間がかかりすぎるという問題点がありました。既存の検索システムは,ユーザの入力をクエリとするキーワード検索を採用しているため,ユーザに対して多様な定型表現を提示することが困難です。そこで本研究では,論文の修辞構造に依拠した定型表現の「伝達機能」(communicative function)を用いて,多様な定型表現を効率よく検索する手法を提案しました (Iwatsuki & Aizawa, COLING 2018 [link])。

定型表現と伝達機能は,分野によって異なることが知られています。そのため,分野ごとに伝達機能ラベル付き定型表現データベースを構築する必要があります。そこで本研究では、分野ごとの論文コーパスに対してアノテーションを自動付与して、効率よく定型表現および伝達機能のデータベースを作成する手法を開発しています。また,抽出した定型表現が妥当なものであるかについては,これまで人手による評価が中心でしたが,このことが定型表現の自動抽出に関する研究上の大きな障壁となっていました (Iwatsuki et al., LREC 2020 [link])。そこで,定型表現抽出システムの自動評価を行うためのデータセット FECFeval を作成し,公開しています。


分散意味表現を用いた類似文検索

Inclusion criterion and crosslingually constrained word representations.

Inclusion criterion and crosslingually constrained word representations.

Inclusion criterion」と呼ぶ新しい基準に基づき句の意味表現を学習するニューラルネットワークを提案し、言語横断的な類似文検索機能を実現しました。また提案手法を論文から抽出した和英対訳文コーパスに適用して、英作文支援のデモツール CroVeWAを試作しました。(Hubert et al.: NAACL HLT 2015 demo [link], ICLR 2015 short [link])